シミの種類

肌の状態:目のクローズアップ

一口にシミといってもいくつかの種類があります。素人でも簡単に見分けがつくものと皮膚科などの専門医に診てもらわないと判断できないシミもあります。素人判断で安易に美白化粧品に頼る前に、皮膚科を受診されるのもよいかもしれません。

シミにも種類があります

肝斑(かんばん)
肝斑とは女性ホルモンの影響で発生するシミです。目の回りやほお骨の上、額やエラの上に左右対称にできるのが特徴のシミです。シミの原因としてホルモンがありますが、肝斑は女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)のバランスが崩れることが原因と考えられています。そのためか、肝斑は妊娠しているときに比較的多く見られます。自分のシミが肝斑かどうかは判断が難しいので皮膚科などの専門医に診てもらいましょう。
老人性色素斑
老人性色素斑とは、肌の老化により褐色で円形のシミが次第に濃くなっていくものです。紫外線がよく当たる顔の上の部分や手の甲、腕などによく見られます。老人性色素斑によるシミは紫外線によりメラニン細胞が異常を起こすことが原因と言われています。老人性とは言っても早い人は20代後半から発生するシミです。
炎症による色素沈着
炎症による色素沈着もシミの原因となります。例えば、ニキビ痕はニキビを潰したことにより黒く残るものです。ニキビ以外にも傷、虫さされなどを掻きむしることで黒く変色することがあります。これら色素沈着によるシミは、肌に刺激を与えることで肌が異常を見知して防衛反応によりメラニン細胞を発生させることが原因と考えられています。
そばかす
そばかすとは、小さな茶色い斑点が細かく現れる症状を言います。この斑点が雀の卵の斑点に似ていることから雀卵斑とも呼ばれます。そばかすは遺伝による影響が強いと言われ、年齢が高くなるに従って目立たなくなります。

シミの種類によって治療法は異なります。老人性色素斑にはレーザー治療が効果的ですが、肝斑には薬による治療が向いているなど、シミ取りには正しいシミの診断が重要です。

関連情報リンク

シミ取りに皮膚科
シミの正しい対処方法を知るためにも専門医に診てもらいましょう


posted by シミ取り at 22:40 | シミ取り情報

シミ発生に関する皮膚構造

シミの肌構造正常との比較

顔にシミやくすみがない健康な肌であれば、上図左のような綺麗な肌構造をしています。肌は外側から角質層、表皮、真皮、皮下組織という構造になっています。
シミは表皮と真皮の間にある基底層にあるメラノサイトで作られるメラニン細胞の黒い色が肌の一部に集まったことでみられる現象です。
シミとは何でしょう?参照)

皮膚の構造

基底層
表皮と真皮の間にあるのが基底層です。新しい肌を作り出すのがこの基底層にある基底細胞です。メラノサイトも基底層に存在します。基底層で作られた肌が順に肌の表面に押し上げられていきます。この肌代謝をターンオーバーと呼びます。
メラノサイト
メラニン細胞の生産工場であるメラノサイトは、基底層に存在します。メラノサイトは基底細胞の6個に1個の割合で存在します。
メラニン
肌の色が黒く見えるのは、このメラニン細胞の色が原因です。メラニン細胞はメラノサイトで作られます。メラニン細胞はシミやくすみを発生させるなど悪者と考えがちですが、天然のサンスクリーン剤として人間の体を紫外線の害から守るという大事な働きをしています。
細胞核
全ての細胞に存在するのが細胞核です。細胞核は細胞の中心にあり遺伝情報のDNAが内部に存在しています。細胞は紫外線を浴びるとDNAなどの大事な組織を紫外線の害から守るためメラニン細胞を作り出す指令を出します。
毛細血管
基底層の下、真皮には毛細血管が走っています。肌は毛細血管から水分や栄養分を受け取って正常なターンオーバーを繰り返します。全身状態が悪く栄養や水分が不足していると毛細血管が衰え肌の異常(シミ、くすみ)の原因ともなります。
角質層
肌構造の一番外側が角質層です。健康な肌では角質層は薄く均一ですが、ターンオーバーが異常を起こしていたり水分不足などから角質が分厚くなったり、老廃物がたまったりします。

posted by シミ取り at 18:06 | シミ取り情報

シミ発生に関係する物質

メラニンによるシミ発生しくみ

顔シミなどの原因は肌にあるメラノサイトが作り出すメラニン細胞(メラニン色素)にあります。メラニン細胞それ自体は、紫外線から体を守る大事な物質ですが、顔や手足など特定の場所に集中して発生するとシミとなってしまいます。
このメラニン細胞の発生に関わる神経伝達物質や酵素の働きが解明されてきました。

シミ関連物質解説

ヒスタミン
ヒスタミンは情報伝達物質の一つで、アレルギー反応が起こると細胞から放出される物質です。ヒスタミンはシミ発生にも関係しています、真皮にある肥満細胞が紫外線を浴びるとヒスタミンを放出します。ヒスタミンはメラニン細胞の生成も促進し、メラニンの生成工場であるメラノサイトの数も増やしてしまいます。
αーMSH
αーMSHは情報伝達物質の一つです。メラニン細胞刺激ホルモンといわれ、メラニンの色を濃くする働きがあります。αーMSHは皮膚の表面にある表皮細胞に紫外線が当たると放出される物質です。
プロスタグランジン
プロスタグランジンは情報伝達物質の一つで、熱や炎症の原因ともなる物質です。シミが消えないのはプロスタグランジンにより肌に炎症が続くからともいわれています。
エンドセリン
エンドセリンは情報伝達物質の一つです。肌の角化細胞に紫外線があたるとエンドセリンが放出されます。エンドセリンはメラノサイトのレセプター(受け口)に作用しメラニン細胞を作るよう指令します。エンドセリンは一カ所に留まらず浮遊する性質があります。
SCF
SCF(Stem Cell Factor)は幹細胞増殖因子です。紫外線の刺激で角化細胞の表面に発生します。SCFはメラノサイトに作用してエンドセリンレセプターを増やす働きがあります。さらにメラニン細胞を増殖させメラノサイト自体も増やします。SCFはエンドセリンと逆に一カ所に留まる性質があります。
チロシナーゼ
チロシナーゼはメラニン細胞の生成工場であるメラノサイトがメラニンを作るときに必要となる酵素です。紫外線を浴びるとメラノサイトの中でチロシナーゼが活性化してメラニン細胞を作り出します。

シミの原因となるメラニン細胞の生成を防ぐ美白化粧品が発売されています。美白化粧品の多くはチロシナーゼの生成を抑制する働きがあります。さらに最近の美白化粧品は、エンドセリンやSCFの抑制にも有効な成分を含んでいます。

関連情報リンク

シミ発生に関する皮膚構造
顔シミやくすみに関係するお肌の内部構造を解説


posted by シミ取り at 19:37 | シミ取り情報

シミ取りに役立つ薬用物質

メラニンによるシミ発生しくみ

シミが発生するメカニズムがかなり詳しく解明されてきました。(シミ発生メカニズム参照)
肌の内部で行われるシミ発生のしくみが分かってくると、シミ取りのアプローチもとりやすくなります。ここでは主に花王ソフィーナが研究した内容をご説明します。花王ソフィーナでは次に説明するシミ取り有効成分を開発しています。

シミ取り薬用物質解説

AMクロモン
AMクロモンは花王ソフィーナが開発したシミ取り有効成分で、クロモン誘導体の一種です。
クロモンとはアロエやケツメイシ等の植物に含まれている成分です。シミ発生の原因となるメラノサイトの増殖を抑制する効果が期待されています。AMクロモンは花王ソフィーナの美白化粧品に含まれています。
カモミラET
カモミラETはカミツレの花から抽出された成分で、肌を黒くするメラニン色素を作るように指令するエンドセリンの情報伝達をブロックする働きがあります。
カモミラETは、医薬部外品の主剤としての使用が認められているエキスで、花王ソフィーナの美白化粧品に使われています。
チョウジエキス
チョウジは漢方薬にも使われている生薬で、古くから健胃薬としての効能が知られています。花王ソフィーナはチョウジから抽出したチョウジエキスにメラノサイトを増殖させるSCFの働きをブロックする事を発見しました。SCFはシミを形成するキーとなる働きをする成分で、紫外線を浴びたSCFがメラノサイトに働きかけメラニン色素を増殖させてしまいます。
SCFについてはシミ発生に関係する物質参照

花王ソフィーナの美白化粧品には、上記のようなシミ取りに有効な成分が含まれています。花王ソフィーナの美白化粧品は次のものがあります。

  • 花王ソフィーナ 薬用ホワイトニングディープサイエンス
  • 花王ソフィーナ 薬用ホワイトニングメモリーホワイト

関連情報リンク

シミ発生に関する皮膚構造
顔シミやくすみに関係するお肌の内部構造を解説


posted by シミ取り at 18:35 | シミ取り情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。