シミ取り方法

赤ちゃんの表情

若い頃は白くて美しい肌が自慢でも、いざシミが出来ると色白がかえってシミを目立たせることもあります。シミとりで美しい美肌を取り戻すことができるのか心配な方もおられるでしょう。
他の部分ならともかく、顔にできたシミは気になるものです。たとえ小さなシミでもご本人にとっては頭痛の種。毎日鏡で見る自分の顔にシミがあるのは精神的にもあまり良いものではありません。でもご安心下さい。現在は医療技術が発達しています。シミを完全になくすことは出来ませんが、ほとんど目立たなくすることは可能です。現在可能なシミ取り方法をご紹介します。

シミ取り方法のいろいろ

美白化粧品によるセルフケア
一番お手軽なのが、市販の美白化粧品を使ってご自分でお肌のケアをすることです。シミ取り効果があるかどうかは個人差があります。(シミ取り美白化粧品参照)
美容エステ
美容エステでもシミ取りやくすみ取り施術を行っています。美容エステでもある程度シミ取り効果はあるかもしれません。しかし、美容エステで使われるレーザーやフォト・フェイシャルは医療機関で行われるレーザー治療などと比べると効果は限定的です。なぜなら、美容エステで使用される機器は薬事法により出力が限定されているからです。
美容クリニック
シミ取り効果を最も期待できるのは、医療機関によるシミとり治療です。皮膚科の専門医にあたなのシミを診断してもらい、最適なシミ取り方法を相談するのが結局はシミ取り方法を見つける近道かもしれません。(シミ取りに皮膚科参照)
自然に任せる
現代ほど医療技術も美容技術も発達していなかった頃は、皆さん自然に任せていました。もちろんシミが消えることはほとんどありませんが...
シミの中でも妊娠肝斑やホルモンによる肝斑の場合、出産後シミが薄くなることもあります。

上記で説明したシミ取り方法以外にも多くの民間療法があるかもしれません。ビタミンCがメラニン色素の生成を抑えるからとレモンパックをしていた時代もありましたね。これなどは、逆にシミを作ってしまう間違った美顔パックでした。あまり科学的な根拠のない民間療法には手を出さない方が良いでしょう。(シミ対策にレモンが効果的?参照)

シミの予防には

紫外線を浴びない
せっかく高価なレーザー治療などでシミを消しても、紫外線を浴びていると再びシミが発生してしまいます。シミの予防には紫外線予防(UVケア)が欠かせません。(シミ対策と紫外線参照)
ホルモンの影響を考慮
シミの原因には女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)のバランスの乱れも関係しているといわれます。黄体期にはシミが発生しやすいので特に黄体期のUVケアは入念に。(シミ対策とホルモン参照)
ストレスをためない
ストレスもシミ発生の原因となります。神経質な人はシミができやすいとも聞きます。現代社会ではストレスのない生活はあり得ませんが、できるだけストレスを貯めない生活習慣に務めたいですね。(シミの原因がストレス!?参照)
体の中からの健康維持
お肌や顔は健康のバロメータともいわれます。体が健康でこそお肌もツヤツヤしてくるはずです。お肌のトラブルをなくす第一歩は体を健康に保つことです。無理なダイエットなどで必要な栄養が足りていないと、お肌にも良くありません。あなたの顔をシミのない美白に保つためにはバランスの取れた栄養補給にも気をつけましょう。

予防に勝る治療は無いといいます。シミ取り治療も発達してきましたが、それなりに費用と時間はかかります。やはりシミにならないように予防に努めるのが最も賢明な方策ではないでしょうか。


posted by シミ取り at 23:30 | シミ取り方法

シミ取り美白化粧品

肌の状態:エステで美肌

どんなに美しい肌でも、小さなシミが出来ることがあります。美容エステや美容クリニックに駆け込むのも良いですが、その前にご自分で美白化粧品を試されてはいかがですか。
各化粧品メーカーは最新の研究により、シミ取りに効果的な成分を配合した美白化粧品を発売しています。あなたのお肌にピッタリの美白化粧品が見つかるかもしれません。

シミ取りに効果的な美白化粧品メーカー

ビーグレン(b.glen)
米国生まれのビーグレン(b.glen)化粧品は、世界特許の皮膚浸透テクノロジーで注目されている化粧品メーカー。浸透しにくかった美白成分をお肌の奥まで届けることで、紫外線によって受けたダメージをお肌の内側から修復します。
(参照:ビーグレンのトライアルセットで効果を実感
ファンケル
ファンケルは美白美容液のホワイトエッセンスを始め、紫外線を防ぐ日焼け止め、保湿剤などシミ、くすみ、そばかすを防ぐ美白化粧品を多数発売しています。ファンケル製品は防腐剤や殺菌剤などを使用していないことも特徴で通信販売を中心に固定ファンを着実に増やしています。
カネボウ
カネボウ化粧品は赤い美白シリーズとしてBLANCHIR(ブランシール)という新しい美白化粧品をを発売しています。カネボウのブランシールは「マグノリグナン」という美白成分を配合し、メラノサイトでメラニン色素が生成されるのを抑える作用をします。さらに、「ホオノキエキス」や「スーパーニワトコエキス」などの保湿成分も配合して美肌力も強化しています。
花王ソフィーナ
花王ソフィーナではメモリーホワイトなどの美白化粧品を発売しています。メモリーホワイトはメラニンが活性化するのを抑え、メラニン細胞が増殖するのを抑える成分を配合しています。
花王ソフィーナは古い角質を落としくすみを防ぐアルブラン(ALBLANC)化粧品も発売しています。
クラランス
クラランスはホワイト−プラスと呼ばれる新しい美白化粧品シリーズを発表しました。クラランス ホワイト−プラスは肌表面だけでなく肌内部の真皮に働きかけ、メラニン生成工場であるメラノサイトをガードし、メラニン色素の生成を抑える機能を発揮します。
ロレアル・パリ
ロレアル・パリでは、シミ、くすみ対策として角質ピーリング化粧品のホワイト・パーフェクト・ピールを発売しています。自宅で手軽に4週間の集中ピーリングケアができます。

シミが出来てしまったときは上記で紹介した美白化粧品を試されると良いのですが、シミ取りのためにも、シミ予防のためにもUVケアも忘れてはいけません。真夏だけでなく、真冬でも気温は低くいですが紫外線は降り注いでいます。1年中UVケアが必要だとご理解下さい。(シミ対策と紫外線参照)

シミが出来ても諦める必要はありません。現在の医療技術、美容技術を用いるとシミはほとんど目立たなくなります。ここで紹介した美白化粧品を使ってもあまり効果が無い場合は、皮膚科を受診してみて下さい。
必ずあなたにピッタリのシミ取り方法を提案してもらえます。シミ取り治療は保険が利きませんので、それなりの出費が必要です。また、レーザー治療を行ってもシミが取れて元の肌に戻るにはかなりの時間が必要です。(シミ取りに皮膚科参照)

関連情報リンク

シミ発生に関する皮膚構造
顔シミやくすみに関係するお肌の内部構造を解説


posted by シミ取り at 20:16 | シミ取り方法

シミ取りに皮膚科

診療所の待合室

シミはUVケアなどの予防が大切です。それでも、シミが出来てしまうことはあります。そんなときあなたはどうしますか。もちろん美白化粧品を使ってまず自分自身の努力でシミ取りに挑戦されるのも良いでしょう。
しかし、一度皮膚科で専門医の意見を聞いてみるのはどうでしょう。単なるシミやホクロだと侮っていて皮膚ガンの初期症状のこともあります。シミであったとしても、シミの種類によって対処方法は異なります。正しい対処方法を知るためにも専門医に診てもらうのも悪くありません。

シミ取り治療が受けられるクリニック

聖心美容外科
聖心美容外科は美容外科業界で初めてISO9001:2000認証を取得した信頼できるリーディングクリニック。
最先端のレーザー治療や光治療のマシンを導入、さらに再生医療やドクターズコスメを含めた選択肢から
患者の悩みを解決する最適な治療法を提案してくれます。
品川美容外科
品川美容外科は医療機関でしか行えないシミ取り、にきび跡除去、ほくろ除去、あざ除去などができます。東京・品川院ではレーザー治療が可能です。
品川美容外科は女性の肌を知り尽くした専門のドクターが気になるお肌トラブルなども親身になって相談に応じてもらえます。

シミ取り相談に皮膚科に行くタイミング

美白化粧品ではシミ取り効果があらわれないとき
シミがあらわれるとまずは美白化粧品を試される方が多いです。美白化粧品でシミ取り効果があらわれないようなら、皮膚科を受診されることをお勧めします。
シミを早めに予防したい
小さなシミが見つかり、早めに対処したいと思われるなら、皮膚科で治療されるのが結局はシミ取りの近道かもしれません。
シミ、すくみを改善したい
シミやくすみなど肌全体の状態を改善したい方は、美容専門の皮膚科クリニックに行かれると良いでしょう。
皮膚に異常が現れたとき
いつもと違う異常を感じたら、たとえ発疹一つでも、医療機関で専門医に診てもらいましょう。皮膚に関することであれば皮膚科に行きましょう。もし内臓などに異常がある場合でも皮膚科でわかります。

シミ取り皮膚科の選び方

通いやすい近くの医療機関
シミ取りやそばかす取りなどお肌の治療は長期戦になります。できれば通いやすい近くの医療機関を選びましょう。
化粧品に理解のある医者
皮膚科の医者の中には、化粧品に不理解な医者もいます。常にスッピンでいるわけには行かないので、化粧品に理解のあるお医者さんを選びましょう。
治療方針は納得行くまで説明を
シミ取り治療には、保険の利かない治療もあります。料金や効果、副作用などあなたが納得できるまで詳しく治療方針を確認しましょう。

シミ取り治療の種類

皮膚科を受診されると、シミの種類によってシミ取り治療方針が示されるはずです。
レーザー治療といっても、レーザーを照射すれば完了するわけではありません。レーザー照射後皮膚が再生するのに数週間から数ヶ月かかることもあります。レーザー治療と内用薬や外用薬と併用する方が効果的なこともあります。
一般に老人性色素斑やそばかすにはレーザー治療が効果的だといわれています。さらに外用薬としてレチノイン酸やハイドロキノンが塗布されることが多いです。


posted by シミ取り at 18:08 | シミ取り方法

シミ取りレーザー

シミ取りレーザー療法

シミ取り用レーザー治療は、形成外科などの医療クリニックで受診できます。エステで実施されるレーザー療法は、出力の小さいレーザー光線を使用するので医療機関で実施されるレーザー治療ほどの効果はありません。

シミ取りレーザー療法のしくみ

レーザー治療とは、レーザー光線によりシミになった皮膚組織を焼いて削り取ってしまいます。レーザー光線は皮膚の深くまで入り込むので皮膚奥にできたシミにも効果があります。レーザー光線の照射時は皮膚に軽い痛みを感じますが、麻酔が必要なほどではありません。
レーザー照射後、約1週間でシミはかさぶたとなって剥がれ落ちます。レーザー光線によって剥がされた皮膚は次第に再生し、シミのない肌となります。

レーザー治療が受けられるクリニック

品川美容外科
品川美容外科は医療機関でしか行えないシミ取り、にきび跡除去、ほくろ除去、あざ除去などができます。東京・品川院ではレーザー治療が可能です。
品川美容外科は女性の肌を知り尽くした専門のドクターが気になるお肌トラブルなども親身になって相談に応じてもらえます。

レーザー治療が効果的なシミ症状

老人性色素斑
レーザー治療が最も効果的です、レーザー治療と薬とを併用されても良いでしょう。
手の甲などのシミ
手の甲などにできるシミ(老人性色素斑)にレーザー治療は効果的です。
肌の深部にできたシミ
基本的にはレーザー治療が可能です、シミによってはレーザー治療が向かないものもあります。

レーザー治療に向かないシミ症状

肝斑(かんばん)
肝斑と診断されたシミは、外用薬が最も有効です。。ケミカルピーリングで色を薄くできることもあります。医療機関にご相談下さい。
日光アレルギー(光線過敏症)のある方
日光アレルギー(光線過敏症)のある方はレーザー治療などの光療法(フォトフェイシャルなど)はできません。薬による治療をお考え下さい。
シミ予防
シミ取りレーザー治療は、シミができてしまって時に効果のある治療法です。シミの予防には使えません。
妊娠中のレーザー治療
基本的には妊娠中はレーザー治療は避けるべきです。レーザー治療を受けてもその後の妊娠には影響はありませんので、出産を希望されている方にもレーザー治療は可能です。

シミ取りレーザー治療の種類

  • レーザー
  • 炭酸ガスレーザー
  • レーザーフェイシャル
  • オーロラ(フォトフェイシャル(IPL)+RF

シミ取りやそばかす取りにはレーザー治療(YAGレーザーやアレキサンドライトレーザー)が使われます。ホクロやイボの切除には炭酸ガスレーザーを使います。
レーザーフェイシャルやオーロラはお肌のくすみ取りや肌のたるみ、毛穴を目立たなくさせる美肌効果を期待できます。

シミ取りレーザー治療は保険がきかないので、治療費はクリニックにより異なります。治療費は事前に確認しておきましょう。

関連情報リンク

シミの種類
シミにも種類があります、一度専門医に診てもらいましょう。


posted by シミ取り at 22:51 | シミ取り方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。