シミ対策には早期発見

肌の状態:口からほお

毎日鏡を見ていても特に異変はなかったのに、突然シミが現れることがあります。ところが、皮膚の内部ではシミの前兆があらわれているものです。
最近のシミ取り医療技術の発達でシミが出来てしまっても、シミ取りは可能ですがやはり時間とお金はかかります。シミも早期発見するほどシミ取り対策も簡単になります。あなたもシミの早期発見方法を試してみませんか。

シミが出来る前にシミを発見?

ブラックライトでシミ前兆発見
ブラックライトをご存じでしょうか、かつてはディスコホールなどで暗闇に青紫色に照らしていた照明です。最近は紙幣やクレジットカードの偽造防止にブラックライトが活躍しています。さて、このブラックライトを肌にあてると、シミの前兆部分が赤紫色に見えるはずです。これは、ブラックライトの紫外線が肌の奥のメラニン色素を見せてくれるからです。ブラックライトは皮膚科や美容クリニックに設置されているところがあります。
小麦粉パックでシミ発見
小麦粉を使ったお手軽シミ発見法もあります。まず、小麦粉を水で溶いてノリ状態にして薄く顔に塗ります、パックの要領ですね。しばらくすると小麦粉が乾いてきますが、乾き方に差が出てくることがあります。最後までなかなか乾かない部分がお肌に異常がある部分なんです。肌にトラブルがあると新陳代謝が鈍くなり熱の発散が少なくなります。それで、小麦粉が乾きにくくなるというわけです。

誰でもなるべくならシミのない美しい肌でありたいものですが、シミの出来やすい肌はあります。

シミになりやすいお肌は

  • 色白の肌
  • アカのでない肌

意外なことに色白の美しい肌ほどシミが出来やすいのです。肌の黒い黒人と白人を比べると明らかに白人の方がシミは発生しやすいのです。黒人の場合はシミが出来ても目立たないと言う問題ではありません。根本的にシミが出来にくい肌なのです。黄色人種の日本人でも色白の人と色黒の人がおられますが、色白の方の方がシミは出来やすいのです。
アカが出ない肌というのは、新陳代謝が鈍っていることを示しています。先ほどの小麦粉パックの項目でも説明しましたが、新陳代謝が活発なほど肌は健康でシミが出来にくい状態を保っています。アカが出なくなってきたらお肌の黄色信号と認識してください。

関連情報リンク

シミ対策と紫外線
シミ対策には紫外線を防いでメラニン色素の増殖を防ぐ


posted by シミ取り at 16:33 | 対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。