シミの原因に静電気!?

下着・ブラジャー

シミは肌の内部にできるメラニン色素が異常に増殖することが原因ですが、メラニン色素が増えるのはいくつかの原因が考えられています。
メラニン色素が増殖する要因として太陽光線の一種紫外線がもっとも知られています。紫外線以外にも皮膚を刺激することがメラニン色素を増加させる原因となります。
静電気が皮膚にシミを発生させるほど刺激を与えるとは考えにくいですが、案外静電気の力は大きいのです。セロハンの下敷きをこすり合わせると人間の髪の毛が吸い寄せられるのはご存じですね。静電気はものを吸い寄せるだけでなく、皮膚にも刺激を与えているのです。

シミと静電気の関係

下着がシミの原因となることも
下着はナイロンなどの化繊を使っていることが多いですが、化繊がこすれると静電気を発生します。ブラジャーやパンストを着けると痒みを感じることがあります。これは、化繊による静電気が原因で痒みを感じているのです。皮膚の同じ場所に刺激を与えるとシミが出来ることがありますが、静電気でもシミが出来ることがあります。
化繊に注意
化繊を使った衣類は下着だけではありません、ブラウスやセーターにも化繊は使われています。暗いところでセーターを脱いだときバチパチと火花が飛ぶことがあります。これも静電気の仕業です。シミ防止のためにも静電気防止加工された衣類を着るか、静電気防止スプレーを利用するのも良いですね。
メガネがシミを作る?
メガネやサングラスのフレームも化学製品が使われています。メガネのフレームが当たるところにシミが発生することがあります。これは、フレームが皮膚を刺激する事が原因ですが静電気の影響も無視できません。メガネフレームの材料にも気をつけたいですね。
装飾品にも注意
ネックレスやイヤリングなどの装飾品にも気をつけなければいけません。人間の体を何らかの物質が触れあうと多少なりとも静電気は発生します。皮膚の同じ場所を刺激し続けることは避けたいものです。

春から夏にかけては紫外線対策ががシミ取りのために一番大事なことです。もちろん、冬の間も紫外線対策は必要ですが、乾燥する冬は静電気対策にも気をつけたいものです。
静電気そのものが皮膚を刺激するだけでなく、静電気によりホコリや異物を皮膚に吸い寄せそれら異物の刺激によりシミが発生する原因ともなります。
静電気が発生しやすいかどうかは個人差があります。自動車のドアなどに触れるてビビッとくる方は静電気が発生しやすい方です、シミ対策には静電気予防も必要です。


posted by シミ取り at 22:00 | 原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。