シミの種類

肌の状態:目のクローズアップ

一口にシミといってもいくつかの種類があります。素人でも簡単に見分けがつくものと皮膚科などの専門医に診てもらわないと判断できないシミもあります。素人判断で安易に美白化粧品に頼る前に、皮膚科を受診されるのもよいかもしれません。

シミにも種類があります

肝斑(かんばん)
肝斑とは女性ホルモンの影響で発生するシミです。目の回りやほお骨の上、額やエラの上に左右対称にできるのが特徴のシミです。シミの原因としてホルモンがありますが、肝斑は女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)のバランスが崩れることが原因と考えられています。そのためか、肝斑は妊娠しているときに比較的多く見られます。自分のシミが肝斑かどうかは判断が難しいので皮膚科などの専門医に診てもらいましょう。
老人性色素斑
老人性色素斑とは、肌の老化により褐色で円形のシミが次第に濃くなっていくものです。紫外線がよく当たる顔の上の部分や手の甲、腕などによく見られます。老人性色素斑によるシミは紫外線によりメラニン細胞が異常を起こすことが原因と言われています。老人性とは言っても早い人は20代後半から発生するシミです。
炎症による色素沈着
炎症による色素沈着もシミの原因となります。例えば、ニキビ痕はニキビを潰したことにより黒く残るものです。ニキビ以外にも傷、虫さされなどを掻きむしることで黒く変色することがあります。これら色素沈着によるシミは、肌に刺激を与えることで肌が異常を見知して防衛反応によりメラニン細胞を発生させることが原因と考えられています。
そばかす
そばかすとは、小さな茶色い斑点が細かく現れる症状を言います。この斑点が雀の卵の斑点に似ていることから雀卵斑とも呼ばれます。そばかすは遺伝による影響が強いと言われ、年齢が高くなるに従って目立たなくなります。

シミの種類によって治療法は異なります。老人性色素斑にはレーザー治療が効果的ですが、肝斑には薬による治療が向いているなど、シミ取りには正しいシミの診断が重要です。

関連情報リンク

シミ取りに皮膚科
シミの正しい対処方法を知るためにも専門医に診てもらいましょう


posted by シミ取り at 22:40 | シミ取り情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。